アトラクション

リリースした風船のその後
ヘリウムガスが注入され飛んでいった風船は上空約8Kmまで上昇します。
気圧の低下により膨張を続けた風船は、凍結(−40℃)された後に破裂し粉々に拡散しながら地上や海に落ちてきます。
落ちたゴム片は自然界の太陽光や微生物により落ち葉と同じような速度で生分解され土になります。
落ちたゴム片をもし野生動物や海生動物が食べてしまいましても、消化器系を通り排出されますので害はありません。
ただし自然界で生分解されないプラスチックの部材付き風船やアルミ風船等は、
自然破壊につながりますので絶対に飛ばしてはいけません。

このページのトップへ

このページのトップへ

このページのトップへ

サイトマップ